私が風俗でMに目覚めた瞬間

恥骨フェチの自分と風俗

恥骨フェチなんです。恥骨の形によって気分が変わるというか、恥骨が浮き上がっているくらいがいいんです。これは不思議なもので、痩せているとそうなるのかって言うと違うんですよ。きっと形なんでしょうね。言葉で上手く説明するのが難しいんですけど、恥骨の形によってこちらのテンションが変わるので、風俗のホームページで女の子を確認する時には、まずは恥骨周辺を確認するようにしています。そして自分好みの形だなって思った女の子を指名して、触るなり見るなりして楽しみます。場所が場良なだけにまじまじと見ていると相手の風俗嬢も少し恥ずかしがるんですけど、恥ずかしがっている姿もまた、それはそれで悪くはないし相手によっては恥ずかしがっている姿が更にこちらの興奮を生み出すことにもなりますので、それはそれで悪いことではないんじゃないのかなって思いますけどね。それにして何で恥骨フェチになったのかは自分でもよく分からないんですが(笑)

それが結論なんです

本当は風俗を少し控えようかなと言う気持ちもあるんです。自分一人だけであれば別に控える必要性なんて全然ないと思うんですけど、結婚することになったんですよ。嬉しい部分もあれば自由がなくなる部分もあります。その最たるものが風俗なんですよね。それまで彼女に内緒でちょくちょく風俗で遊んでいたんですけど、結婚したらさすがにそういったことも控えなければならないかな…って思っていました。でも、未だに辞めていません(笑)辞める必要はない。それが自分の結論なんです。そもそも風俗は自由なんです。別に高らかに宣言して風俗で遊ぶようになったって訳でもないはずで、気付いたら遊ぶようになっていたものである以上、そこまでデリケートに考える必要はないんじゃないのかなって(笑)だからとりあえずこれからも遊びたい気持ちになった時に遊ぶというスタンスで何ら問題ないんじゃないのかなって。むしろそれくらいの方が気楽で良いのかもしれません。